やくざ番外地

安藤庄平が監督、撮影をした任侠もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

野見組は、多摩市の高瀬組を翼下に入れようとしていた。高瀬組壊滅を一任された、野見組の大幹部・村木卓は、多摩市の愚連隊・血生会を手下に高瀬組をいため始めていた。高瀬組の代貸・塚田勝はかつて村木と兄弟の盃を交した仲だった。塚田の妻・静江の店で、村木は塚田と再会した。昔を懐かしみながらも、今や敵対する皮肉な運命を痛切に噛みしめた。その頃、村木は、妹の冴子が、不治の病に冒されていることを知って愕然となったが、高瀬組組長殺害の断を血生会に下した。高瀬は死際に代貸の塚田と堤を呼んで、近く出所する息子・信司の跡目相続を遺言した。その時、高瀬組の窮状を知った横浜の葛城組が、助力を申し入れてきたが、高瀬組は相手にしなかった。


解説

「無頼・殺せ」の永原秀一と浅井達也が共同で脚本を書き、「燃える大陸」の西村昭五郎と安藤庄平が、監督、撮影を担当した現代任侠もの。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1969)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)村木卓
山本陽子村木冴子
長谷川明男高瀬信司
佐藤慶 (Kei Sato)塚田勝
小畠絹子塚田静江
清水将夫高瀬伊作
郷英治
岡崎二朗金吾
相原昇幹部
旅永三郎野見幸次郎
深江章喜北原
永山一夫沢地
柳瀬志郎久ベエ
須賀不二男葛城
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック