処刑の部屋

“新潮”に掲載された石原慎太郎原作の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

U大四年に在学する島田克巳の父半弥は銀行の支店長代理をしていたが胃病で気難かしく、母親のはるは始終オドオドしている。克巳はそんな家庭が大嫌いだった。ある日、大学のブルジョワ仲間伊藤と、父の銀行からパーティ資金を借り出した克巳は大学に廻り、思想研究会に顔を出したとき、その場に居合わすフランス巻の女子学生を印象に留めた。ダンスパーティの当日、克巳は高校時代からの親友良治の知らせで、パーティ荒しに来たJ大生の竹島らと大格闘を演じた。六大学リーグ戦はU大が優勝したが、その夜ほろ酔い気分の克巳と伊藤は、とある店から出て来た二人連れの女子学生に眼をつけ、彼女らを伴って飲み歩いた。


解説

性と暴力の中に人間の本能を求める現代男女学生の生態を描いた異色作。「ビルマの竪琴(1956)」の和田夏十が「ある夜ふたたび」の長谷部慶次と共同脚色し、「ビルマの竪琴(1956)」の市川崑が監督、「裁かれる十代」の中川芳夫が撮影を担当した。主な出演者は「裁かれる十代」の川口浩、「新婚日記 嬉しい朝」の若尾文子の他、岸輝子、中村伸郎、新人瀬戸ヱニ子などに加えて、梅若正義、入江洋佑など大映青春スターが出演している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1956)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
川口浩克巳
若尾文子 (Wakao Ayako)青地顕子
宮口精二 (Seiji Miyaguchi)島田半弥
岸輝子島田はる
梅若正義伊藤
中村伸郎茂手木教授
南弘二毛利さん
伊東光一ちぢれ髪の教授
丸山修製パン工場の男
春本富士夫 (Fhujio Harumoto)リズムガイズのマネージャー
宮戸美知子シレーヌの女子学生A
杉本文子シレーヌの女子学生B
池原幸子銀座の女子学生A
葉山たか子銀座の女子学生B
樋口峰子リカちゃん
城川暁子女給A
芥川竜子女給B
中田勉医者
中条静夫雑誌記者A
津村雅弘雑誌記者B
飛田喜佐夫相手のない学生服
住友久子ゲーム取りの少女
高野英子ゲーム取りの少女
南方伸夫プリンセスの支配人
松村若代畳屋のおかみさん
美川陽子小料理屋の女中A
梶恵子小料理屋の女中B
小高尊良治
平田守吉村
山崎直衛相川
川崎敬三竹島
瀬戸ヱニ子京子
入江洋佑J大生杉
高橋正光J大生浅尾
島崎喜美男J大生犬養
黒須光彦J大生内藤
月田昌也J大生石川
伊藤直保U大生小山
中江文男U大生加賀見
松沢英夫U大生米良
竹内哲郎支店長
大塚弘課長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック