エンディングノート

ガン宣告を受け、“人生最期のプロジェクト”に向かう元サラリーマン。そんな父の姿を「娘」が撮り続ける

上映スケジュールはコチラ!
エンディングノート
エンディングノート
エンディングノート

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

エンディングノート

営業マンとして高度成長期の会社を支え、気がつけば管理職。40年以上も勤め上げた会社を67歳で退職した砂田知昭。第二の人生を歩み始めた矢先に健康診断で胃ガンである事がわかる。すでにガンが最終段階にまで進んでいる事を知った砂田は、家族のため、そして自分の人生を総括するため、“エンディングノート”を作成し、人生最後のプロジェクトを成し遂げようとする。そんな砂田を映像作家の娘が撮り続ける。


解説

“エンディングノート”とは、遺書のように公的なものではなく、自分が死んだときに家族が困らないようにと、主人公である砂田知昭が、書き残したマニュアルのようなものだ。高度成長期を象徴するようなモーレツ社員だった砂田が会社を辞め、孫もでき、ようやく妻とも穏やかな時間を過ごせるようになった矢先の末期ガンの告知。心配する家族をよそに、砂田は自分の最期に向かって段取りを始めていく。カメラを回し続けるのは本作の監督でもある次女。主人公の前向きなキャラクターと、それを見つめる次女のまなざしがあるからこそ、本作はただ悲しいだけではなく、見終わったあとに清々しささえ感じるポジディブなドキュメンタリーに仕上がったのだ。全編を流れるハナレグミの音楽も魅力。


配給ビターズ・エンド
制作国日本 (2011)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2011年10月01日より新宿ピカデリーほかにて



スタッフ

監督
製作
プロデューサー
音楽
主題曲/主題歌

キャスト

俳優名役名
砂田知昭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック