唇を閉ざせ

8年前に殺されたはずの妻から届いたメール…事件の裏側に隠された恐るべき真相とは?

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

唇を閉ざせ

アレックスは妻マルゴと訪れた湖畔で突然何者かに襲われ、湖に沈められる。奇跡的に助けられた彼だったが、マルゴはその後惨殺死体で発見される。しかし、8年後、マルゴを名乗る見知らぬメールがアレックスの元に届く。そして、そこには「このことは誰にも言わないで」という一言が…彼が、そのリンク先をクリックすると、その先に映っていたのは、少し年を重ねたが、元気なマルゴの姿だった。アレックスは一人で、マルゴの居場所と殺人の裏に隠された秘密を求めて、調査を開始する。一方、その時、マルゴの死体が発見された場所から新たな死体が現われ、警察はアレックスを容疑者として追い始める。アレックスが真実に迫る時、マルゴの行方を追う別のグループが現われアレックスを拉致しようとする。果たして、誰が何のために、二人を追うのか?事件の裏側に隠された恐るべき真相とは?(作品資料より)


解説


配給熱帯美術館
制作国フランス (2006)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2011年08月14日よりヒューマントラストシネマ渋谷にて



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣裳

キャスト

俳優名役名
フランソワ・クリュゼ (Francois Cluzet)Alexandre Beck (アレックス)
マリー=ジョセ・クローズ (Marie-Josee Croze)Margot Beck (マルゴ)
クリスティン・スコット・トーマス (Kristin Scott Thomas)Helene Perkins
アンドレ・デュソリエ (Andre Dussollier)Jacques Laurentin
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック