火宅の人

家庭を捨て、新劇女優と同棲するなど、自由奔放な作家の生き方を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

作家、桂一雄は、最初の妻リツ子に死なれ、後妻としてヨリ子をもらった。ヨリ子は腹ちがいの一郎をはじめ、次郎、弥太、フミ子、サト子と5人の子供を育ててきた。昭和31年、夏、一雄は新劇女優、矢島恵子と事をおこした。8年前の秋、彼女が知人の紹介状を持って訪ねて来て以来、その率直さに心魅かれていたのだ。恵子はその後、一雄の忙しい時に原稿の清書を手伝ったりしていた。26年に「長恨歌」で直木賞を受けた一雄は、受賞の喜びよりも恵子の嬉しげな笑顔の方が、心に残る。だが、指一本触れたことがなかった。そんな時、一雄の身辺に凶事が重なった。一昨年の夏は、奥秩父で落石に遭い助骨3本を骨折。昨年の夏は、次郎が日本脳炎にかかり、言葉も手足も麻痺してしまう。そして今年の夏。一雄は太宰治の文学碑の除幕式に参列するための青森行に、恵子を誘ってしまった。


解説

檀一雄原作の同名小説の映画化で、脚本は「逆噴射家族」の神波史男と「上海バンスキング(1984)」の深作欣二の共同執筆。監督は深作欣二、撮影は「夜叉」の木村大作がそれぞれ担当。主題歌は、嵯峨美子(「火宅の人」)。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1986)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
企画協力
プロデューサー
撮影
美術
音楽
主題歌
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
緒形拳 (Ken Ogata)桂一雄
いしだあゆみ (Ishida Ayumi)ヨリ子
原田美枝子 (Mieko Harada)矢島恵子
松坂慶子 (Matsuzaka Keiko)葉子
利根川龍二一郎
一柳信之次郎
大熊敏志弥太
米沢由香フミ子
岡村真美サト子
谷本小夜子信子
浅見美那
檀ふみ桂一雄の母
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)桂一雄の父
伊勢将人一雄の幼少期
岡本大輔若い大学生
宮城幸生刑事
蟹江敬三 (Keizo Kanie)主任
野口貴史幹事
相馬剛三医師
下元勉病院の主事
伊藤久美子女郎屋の女A
鈴木なつ子女郎屋の女B
井川比佐志 (Hisashi Igawa)壷野
荒井注苅田
谷口孝史
徳永ますみ看護婦
下絛アトム中島
伊庭剛佐々木
山谷初男葉子の養父
宮内順子葉子の養母
真田広之 (Hiroyuki Sanada)中原中也
岡田裕介 (Yusuke Okada)太宰治
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック