剣鬼

柴田錬三郎の同名の原作を三隅研次が監督した剣豪もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

信州、一万三千石、海野式部少輔正信の藩中に、冷笑蔑視の中で育った無足の若者斑平がいた。……斑平の母キンは、藩主正信の母まきの方の侍女だったが、まきの方は狂死し、最後まで忠誠に仕えたキンは、まきの方の遺言で中老として遇されるようになり、まきの方御寵愛の牝犬を与えられた。そして三年後、キンは男子禁制の奥向きにもかかわらず、男の子を生み悶絶して息絶え、牝犬も後をおうようにして餓死したのだ。人々は口々に人獣交婚を囁き、殉死した犬が斑であったため、その子は斑平と名付けられたのだ。……それから二十数年の歳月が流れ、斑平は花造りに特異の才能を発揮して登城が許され、仕官後も韋駄天の速足が買われて、無足組頭にあげられ、馬乗下役につけられ、その異才は隣藩にまでひびきわたった。


解説

柴田錬三郎の同名の原作を、「眠狂四郎魔性剣」の星川清司が脚色、「無法松の一生(1965)」の三隅研次が監督した剣豪もの。撮影もコンビの牧浦地志。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)斑平
姿美千子お咲
佐藤慶 (Kei Sato)神部菊馬
五味龍太郎虚無僧
睦五郎友蔵
工藤堅太郎朝蔵
内田朝雄 (Asao Uchida)醍醐弥一郎
島田竜三八田肝介
水原浩一伍助
戸浦六宏 (Rokuhiro Toura)海野正信
伊達三郎 (Saburo Date)戸田信吾
戸田皓久田所外記
杉山昌三九池永丹左衛門
玉置一恵津崎太一右衛門
浜田雄史平田万之助
木村玄棚倉武
小村雪子キン
香川良介影村主膳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック