生きたい

日本の古い民話「姨捨て伝説」と、現代の老人問題を交錯させて描く人間ドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

長野県にある姨捨駅にひとりの老人・山本安吉が降り立った。だが、近くに望む姨捨山の不気味な雰囲気に恐れをなした彼は、逃げるようにしてその場を去る。妻と死別して15年、齢70になる安吉は最近下のしまりが悪く失禁することもしばしばだ。今日も姨捨駅からの帰り、立ち寄った馴染みのママさんの店で粗相してしまい追い出される始末。その上、糞まみれで道端に寝ているところを医者である君塚に助けられ、病院に担ぎ込まれるのであった。君塚の電話で安吉を迎えに来たのは、嫁き遅れの長女の徳子だ。


解説

監督・原作・脚色は、「午後の遺言状」の新藤兼人。撮影に「午後の遺言状」の三宅義行があたっている。主演は、「花のお江戸の釣りバカ日誌」の三國連太郎と「学校III」の大竹しのぶ。芸術文化振興基金助成作品。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1999)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
音響効果
照明
編集
衣裳
製作担当
助監督
スクリプター
スチール
特殊メイク

キャスト

俳優名役名
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)山本安吉
大竹しのぶ山本徳子
柄本明 (Akira Emoto)君塚長太郎
吉田日出子オコマ
大谷直子 (Otani Naoko)ママさん
塩野谷正幸クマ
羽村英ウシ
中里博美オキチ
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)烏丸長者
宮崎美子 (Miyazaki Yoshiko)トモコ
渡辺とく子側近の女
観世榮夫院長
水野あや看護婦
馬場当姨捨駅長
広岡由里子山本幸子
草薙仁山本輝夫
都山逢鳥津あけみ
麿赤兒 (Akaji Maro)老人ホーム所長
絵沢萠子病院の賄婦
高橋長英 (Choei Takahashi)気どった男
六平直政 (Naomasa Musaka)坊主頭の男
大森南朋 (Nao Omori)大学生
菊地凛子 (Kikuchi Rinko)高校生
村治学作業所の美青年
前沢保美作業所の指導者
中島陽子作業所の女
原ひさ子可愛いおばあさん
正名僕蔵スーパーの店員
曽我部あきよスーパーの店員
夏目玲マッサージの女
江角英明じじい
須賀不二男じじい
うえだ峻じじい
北村大造じじい
下飯坂菊馬じじい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック