序の舞

母との愛憎を軸に師匠・恩師・画塾生など三人の男たちと関わりながら、日本画家として大成していく女の生きざまを描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

安政五年、洛北・大宮村の貧しい農家の娘・勢以は、京都の葉茶屋ちきりやに養女に出された。彼女が二十歳の年に、養父母・島村夫婦が相次いで世を去った。翌明治三年、勢以は婿養子をとったが、五年後には夫に先立たれ、二十六歳という女盛りで二児をかかえた後家になった。それからの勢以は、長女・志満と次女・津也を女手ひとつで育て、生計を支えるために、自ら女を捨てようとする。やがて時は流れ、絵に熱中しはじめた津也は、図画の西内先生のすすめもあって、小学校を卒業すると京でも有数の松溪画塾へ通うことになった。明治二十三年、第三回内国観業博覧会に津也が出品した「四季美人図」が一等褒状を射とめた。すでに師・松溪から「松翠」の雅号を授かっている津也は、早くも天才少女と騒がれる身となっており、勢以も津也の絵の情熱と才能を認めざるを得なくなった。


解説

宮尾登美子の同名小説の映画化で、脚本は「誘拐報道」の松田寛夫、監督は「人生劇場(1983)」の中島貞夫、撮影は「白蛇抄」の森田富士郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1984)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール
葉茶指導
方言指導
絵画制作協力
ナレーション

キャスト

俳優名役名
岡田茉莉子 (Mariko Okada)島村勢以
名取裕子 (Yuko Natori)島村津也
風間杜夫 (Morio Kazama)西内太鳳
水沢アキ島村志満
三田村邦彦村上徳二
小林綾子勢以の少女時代
野口一美津也の少女時代
高橋美樹志満の子供時代
杉沢美紀志満の少女時代
三沢慎吾斉藤松洲
野口貴史橋田雅雪
草薙良一滝川恭山
岩田直二原在泉
徳田興人今尾景年
川浪公次郎菊地芳文
白川浩二郎望月玉泉
富永佳代子島村くら
石井トミコ産婆
三浦徳子高級料亭の女将
江幡高志薬屋の老人
市川好朗高浜の漁師
草薙幸二郎勢以の叔父
細川純一利作
和歌林三津江勢以の祖母
山村紅葉商家の女子衆
岡島艶子坂本の老婆
丸平峰子近所のおかみさん
星野美恵子近所のおかみさん
澤亜樹近所のおかみさん
徳永真由美近所のおかみさん
白井滋郎勢以の婿養子
タンクロー髪結床の主人
有川正治芝居小屋の親方
大木晤郎ちきりやの若主人
江田真弓仲居
小谷浩三俥屋
壬生新太郎ちきりやの番頭
菅谷裕之ちきりやの手代
大川かつ子くれ竹の女中
門馬由香伏見玉家の女中
田中博郵便夫
山田良樹松溪塾々生
高谷舜松溪塾々生
木下通博人力車夫
浅井誠人力車夫
甘枝靖昌徳寺の小坊主
峰蘭太郎太鳳塾内弟子
七瀬けい子小女
なぎらけんいち川上音二郎
津島道子喜代次の付人
五十嵐義弘主家ちきり家主人
大坂志郎島村甚八
北村英三光彩堂の主人
織本順吉 (Junkichi Orimoto)慶長堂の主人
成田三樹夫山勘
三田佳子 (Yoshiko Mita)喜代次
菅井きん
高峰三枝子ちきりやの内儀
佐藤慶 (Kei Sato)高木松溪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック