愛妻記

尾崎一雄の『芳兵衛物語』の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和七年、新進作家多木太一は、妻の節子と別れて早稲田附近の下宿屋に暢気な日々を送っていた。ところが、多木の後輩石井は、学生ながら郷里の女純子と結婚、麻雀クラブをはじめるという、抜け目ない男だった。そして多木は云われるままにその店を手伝っていた。その店には純子の友達芳江も郷里から手伝いに来ていた。子供子供したところこそあったが、元気に働く芳江は人気の的だった。そんな時、純子と石井の両親の仲がうまくいかず、石井夫婦は多木の下宿にうつって来た。そんなことで多木と芳江の仲は急速に進んで、二人は将来を誓い合う仲になった。


解説

「愛の濃淡」の長瀬喜伴が脚色、「みみずく説法」の久松静児が監督、「おトラさん大繁盛」の栗林実が撮影を、それぞれ担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1959)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
フランキー堺 (Franky Sakai)多木太一
司葉子 (Tsukasa Yoko)宮原芳枝
藤木悠石井伍助
白川由美甲斐純子
三島耕野々宮貞三
乙羽信子 (Otowa Nobuko)菱刈節子
小西瑠美菱刈操
滝田裕介茂木慎作
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)石井千造
清川玉枝石井うた
市村俊幸高岡刑事
平田昭彦深見喬
織田政雄大観堂主人
小沢経子大観堂内儀
若宮忠三郎相模屋主人
月野道代相模屋内儀
永井柳太郎春光館主人
横山道代 (Michiyo Yokoyama)春光館女中お君
沢村いき雄チンドン屋の源さん
立岡光源さんの息子幸吉
長谷川万里子おたつ
百瀬澄子おとし
加藤春哉学生村井
木元章介相模館の学生
中原成男春光館の学生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック