二人で歩いた幾春秋

木下惠介が監督したある夫婦の半生を描いた物語

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和二十一年、復員した野中義男は、仕事がないままに故郷山梨で道路工夫になったが、生活はみじめだった。給料は一ヵ月二千円。両親、義男、妻とら江、息子利幸は、丘の上の小さな借家に住んだ。翌年、誠実さを認められたとら江は土木出張所の小使に雇われ、義男一家は小使室に住むことを許された。五年後、小学三年生の利幸は成績も一番で、義男はこれからもまともに育ってくれと願う。工夫仲間の望月が脳溢血で倒れた。休みの日、義男は不自由な望月をリヤカーにのせて平塩之岡へ花見に出かけたが、ゆくりなくも初恋の千代と逢った。彼女は義男の出征中、静岡の豪農のもとへ嫁いたが、良人は戦死して今は未亡人である。


解説

歌集「道路工夫の歌」河野道工著より「今年の恋」の木下恵介が脚色・監督したある夫婦の半生を描いた物語。撮影もコンビの楠田浩之。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
佐田啓二野中義男
高峰秀子 (Takamine Hideko)野中とら江
山本豊三野中利幸
小川虎之助義男の父
岸輝子義男の母
久我美子 (Kuga Yoshiko)千代
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)石川美代子
野々村潔望月
菅井きん望月の妻
坂本武床屋のおやじ
高木信夫浮田
左右田一平所員
新島勉所員
土紀洋児所長
浜田寅彦寺下
三崎千恵子 (Chieko Misaki)飲み屋のおかみ
水島光代新入生の母
青山万里子町の人
田中勝二身延線の車掌
大橋八千代由比の宿の女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック