悶え('64)

平林たい子源作“愛と悲しみの時”を井上梅次が監督した風俗もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

新婚初夜、妻という名の新しい人生の出発に、千江子は、真新しい褥の中で、あわただしかった今日の一日を思い出した。多勢の参列者の祝福を受けて、千江子は五井物産調査課長上田庄一郎と結ばれたのだった。そして思い出の一夜を箱根にもった二人だったが、何故か庄一郎は、千江子の横に臥しながら、千江子に触れようとしなかった。泣いて問い正す千江子に庄一郎は、交通事故によって能力がなくなったことを告げた。ショックを受けた千江子だが努力して、夫の回復を待とうと決心した。翌日、ホテルで偶然友人のみつ子に出会った千江子は、夫の部下で、みつ子の友人である青年石川を紹介された。石川はその日、千江子の美貌にひきつけられた。


解説

平林たい子源作“愛と悲しみの時”を「黒の凶器」の舟橋和郎が脚色「黒の切り札」の井上梅次が監督した風俗もの。撮影もコンビの渡辺徹。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1964)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
若尾文子 (Wakao Ayako)上田千江子
高橋昌也 (Masaya Takahashi)上田庄一郎
川津祐介石川定夫
江波杏子 (Enami Kyoko)沢木みつ子
滝瑛子神子島しづ子
藤間紫白木須磨子
多々良純寺田
村上不二夫山岡
中田勉進藤
豪健司日高
北原隆星野
竹村洋介松尾
紺野ユカリエ
大西恭子マリ
田中三津子和子
響令子沼田夫人
真城千都世宝井夫人
平井岐代子やす江
十和田翠弓子
赤沢未知子宇野朋子
中条静夫
松浦いづみバーの女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック