さらば夏の光よ

仲の良い二人の少年と彼らが愛した少女をめぐって、青春の苦さを描いた遠藤周作の同名小説の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

南条宏と野呂文平は、アルバイト捜しで立ち寄ったハンバーガー・ショップで、美しい女店員・戸田京子を一目見た時から、二人とも心うばわれるものを感じた。しかし、この恋の競争は、行動的で調子のよい宏が、内向的で真面目な野呂をリードした。その店に宏だけが採用されたからだ。宏と野呂は性格も考え方も違うのだが、なぜかウマが合い、ひとつ年下の宏は、大学浪人の野呂の下宿に居候している。現代っ子でどこか憎めない感じの宏は、働きながら京子の心を次第に捉えていった。そんなある日、宏は京子とのデートをすっぽかしたために、野呂が代役をつとめた。生まれて初めて女の子とデートした野呂は、たちまち京子に熱をあげてしまった。


解説

脚本は「あした輝く」のジェームス三木、監督は「港のヨーコ ヨコハマ ヨコスカ」の山根成之、撮影は「竹久夢二物語 恋する」の坂本典隆がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1976)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
郷ひろみ南条宏
秋吉久美子 (Akiyoshi Kumiko)戸田京子
川口厚野呂文平
仲谷昇藤倉英一郎
一氏ゆかり藤倉ゆかり
林ゆたか黒岩
進千賀子看護婦
愛みどり由美子
佐藤美恵子
岡崎徹平岡
小田草之助運転手
五十嵐恵美子藤倉夫人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック