新・鞍馬天狗

大佛次郎の“鞍馬天狗”を安田公義が監督したシリーズ第一作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

動乱の幕末、京洛の巷では、連日、倒幕に命を賭ける各藩の志士たちと新選組との死闘が展開されていた。そして、その闘争の最中、忽然と現れて志士たちを助け、またどこへともなく姿を消す覆面の武士、それが鞍馬天狗であった。新選組は、そんな怪人物の正体をつきとめようとやっきになっていたが、当の鞍馬天狗こと倉由典膳という浪人は、路地裏の荒物屋に二階を借り、近所の子供たちに習字を教えて、のんびりと生計を立てていた。そんなある日鞍馬天狗は、壬生の屯所に捕われた長州藩士を救わんとして、見張をしていた新選組隊士舟曳休之助を斬ってしまった。ところが、この休之助の姉おとよは典膳がいきつけの小料理屋“ふか川”の女主人で、典膳に秘かな思慕をよせていた。


解説

大佛次郎の“鞍馬天狗”を、「女めくら物語」の相良準三と「若親分出獄」の浅井昭三郎が共同で脚色、「眠狂四郎魔性剣」の安田公義が監督した“鞍馬天狗”シリーズ第一作目。撮影は「眠狂四郎炎情剣」の森田富士郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)鞍馬天狗
中村玉緒 (Nakamura Tamao)おとよ
藤巻潤 (Jun Fujimaki)桂小五郎
中村竹弥近藤勇
藤原礼子幾松
五味龍太郎土方歳三
二宮秀樹杉作
中村敦夫村尾真弓
本郷秀雄吉兵衛
北竜二 (Ryuji Kita)松平伯耆守
遠藤辰雄黒門前の長次
佐々木孝丸宗像左近
伊達三郎 (Saburo Date)岩淵剛太夫
浜田雄史沖田総司
木村玄鳴海修平
平泉征七郎舟曳休之助
伴勇太郎櫟一平
小村雪子園絵
大杉潤「ふか川」の客一
山岡鋭二郎「ふか川」の客二
小中島亮仲間風の男
西岡弘善職人風の男
安藤仁一郎新選組隊士(五)
藤春保新選組隊士(三)
徳田竹司新選組伝令
森内一夫和久島甚蔵
桂三千秋早坂七三郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック