続々大番 怒涛篇

「大番」「続大番 (風雲篇)」の続篇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和十三年初秋、六十五万円の借金を背負った上、後援者木谷さんを失った丑之助は、おまきさんとも別れ、百姓になろうと故郷に帰った。村では丑之助の意中の人可奈子が夫と共に里帰り、その手前もあって百姓仕事は断念した。日中戦争は次第に本格化し、村ではイリコが統制品になって自由に売れぬ反面、軍手や地下足袋に不足している。丑之助はこれに目をつけ、漁業組合の勝やん、機関士多平をさそい、イリコを船で大阪に送り、帰りに軍手や地下足袋を仕入れようと計画した。船を提供したのは森家の主人、第一回の便は希望にもえて大阪に出発、商売も上々の首尾で、昭和十六年には茨木、稲田等の大口を相手にそうとうな利益をあげるようになった。


解説

先に東宝が製作した獅子文六の小説「大番」(週刊朝日連載中)を原作とする「大番」「続大番 (風雲篇)」の続篇。製作スタッフ、キャストとも前二作と殆んど同じ顔ぶれ。すなわち脚色は笠原良三(近作は「サザエさんの青春」)監督千葉泰樹(「下町」)撮影西垣六郎(同)。主演は(「続サラリーマン出世太閤記」)淡島千景(「鳴門秘帖」)原節子(「最後の脱走」)。ほかに仲代達矢、三木のり平、青山京子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1957)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
衣裳
製作担当者
助監督
記録
合成
スチール

キャスト

俳優名役名
加東大介赤羽丑之助
谷晃父丑治
沢村貞子母タネ
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)義弟長十郎
上野明美妹タツエ
淡島千景 (Chikage Awashima)おまきさん
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)新どん(秋庭新吉)
原節子 (Hara Setsuko)有島可奈子
平田昭彦有島伯爵
柳永二郎森家主人
多々良純番頭山田
三木のり平勝やん
若水ヤエ子女房お浜
清川玉枝お吉後家
村上冬樹 (Fuyuki Murakami)小学校校長
十朱久雄 (Hisao Toake)警察署長
広瀬正一多平
堤康久船員A
小松英三郎船員B
上村幸之船員C
夏木順平いいこのおっさん
青山京子芸妓竹千代
山茶花究大将
若月輝夫茨木忠吉
丘寵児稲川留太郎
本間文子 (Noriko Honma)伊予常おかみ
藤木悠北浜の株屋店員
岡部正陸軍主計中尉
桜井巨郎陸軍主計曹長
有島一郎武林さん
安芸津宏汽車の乗客
小野松枝おまきの母お寅
水の也清美むつみ会幹事
河津清三郎木谷寛二
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック