希望 テルエルの山々

1937年の内線が激化するスペインを舞台に、反乱軍と戦う共和派の人々の姿を描く人間ドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

スペイン内線が激化する一九三七年、テルエル・リナス村近郊ではフランコ将軍に率いられた反乱軍の攻勢が激しくなり、共和国側に立った人々は乏しい武器を手に闘っていた。反乱軍がサラゴサの町に通じる橋に迫り、共和国側が分断される恐れがあるため、飛行隊に橋の爆破の要請が入る。


解説

監督・脚本・原作は、「人間の条件」などの小説で知られるフランスの文学者で、第二次大戦後のド・ゴール政権下で情報相や文化相を歴任した政治家としても有名なアンドレ・マルロー。スペイン人民戦線政府を支持するため自ら前線で戦ったマルローが、この体験をもとに執筆した小説『希望』の一部を映画化した。一九三九年に完成していたが、第二次大戦後の四五年に公開され、同年のルイ・デリュック賞を受賞。製作はコルニグリオン・モリニエ。撮影は「裸で御免なさい」のルイ・パージュ。音楽はダリウス・ミローが担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国フランス=スペイン (1939)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
音楽
録音
編集
字幕

キャスト

俳優名役名
メフート (Mejuto)le Capitaine_Munoz
Nicolas Rodoriguez (Nicolas Rodoriguez)le Pilote_Marquez
ホセ・ラドー (Jose Lado)le Paysan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック