次郎長三国志 第一部 次郎長売出す

村上元三の原作をマキノ雅弘が監督した作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

居酒屋の喧嘩出入りで旅人の小富、武五郎を河へ叩き込んだ通称次郎長、米屋の長五郎は、長い草鞋の旅先きで鼻ッ柱のつよい若者桶屋の虎吉を乾分に得たが、再び清水港に戻って間もなく、鬼吉がその意中の娘お千を襲った五丁徳や小富、武五郎をうちのめしたことから、小富一派の名代で旅人関東の綱五郎が喧嘩口上をのべに来た。しかし五丁徳などの卑怯なやり口を怒った彼は、喧嘩に加勢はおろか、やがて軌りまくられて逃げ出した五丁徳らを尻目に次郎長第二の乾分となった。


解説

オール読物連載の村上元三の原作を「続三等重役」の松浦健郎が脚色し、「武蔵と小次郎」のマキノ雅弘が監督した東宝映画。製作は「喧嘩安兵衞」の本木莊二郎。撮影、音楽をそれぞれ「若い人(1952)」の山田一夫、「すっ飛び駕」の鈴木静一が担当している。配役は「娘十八お転婆時代」の田崎潤、「鞍馬天狗 一騎討ち」の河津清三郎、「激流(1952)」の若山セツ子、「武蔵と小次郎」の澤村國太郎などに加えて東宝第四期のニュー・フェイス豊島美智子、浪曲の広沢虎造が出演している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1952)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
小堀明男清水の次郎長
田崎潤 (Jun Tazaki)桶屋の鬼吉
森健二関東綱五郎
河津清三郎清水の大政
田中春男法印大五郎
広沢虎造張子の虎吉
若山セツ子 (Setsuko Wakayama)お蝶
豊島美智子お千
広瀬嘉子ぬい
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)江尻の大熊
小川虎之助和田島の太左衞門
清川荘司津向の文吉
阿部九洲男黒目の五丁徳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック