東京ギャング対香港ギャング

村尾昭がオリジナル・シナリオを執筆、石井輝男が監督したギャングもの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

香港の啓徳空港に降り立った北原を待っていたのは、新興勢力の毛の配下チャンだった。北原は大岡の指令通り取引先きである竜のアジトに赴いた。一億円で取引をという北原の申し入れを、竜は、値段をつりあげようと断った。しかし意外、北原はあっさり引上げていった。あわてた竜は北原のようすを探る為に部下のチャーリーに後をつけさせた。ホテルに戻った北原は、再びチャンの訪問をうけた。次第にこの男を信用するようになった北原は薬の取引に応ずることにした。約束の薬を手渡す日、取引は失敗した。執拗な竜が北原を狙撃したのだ。


解説

「鬼検事」の村尾昭がオリジナル・シナリオを執筆、「昭和侠客伝」の石井輝男が監督したギャングもの。撮影は「柔道一代」の林七郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1964)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)藤島
高倉健 (Ken Takakura)北原
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)
内田良平チャン
安部徹 (Tooru Abe)大岡
八名信夫 (Nobuo Yana)星川
待田京介江崎
宗方祐二中西
上田忠好五味
石山健二郎
大木実チャーリー
高森玄 (Gen Takamori)石塚
曽根晴美梶山
三田佳子 (Yoshiko Mita)李淑華
高見理紗珠麗
本間千代子千代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック