妻の日の愛のかたみに

池上三重子の同名手記を富本壮吉が監督した純愛もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和二十八年、水と白壁の美しい町柳川に、千枝子は嫁いで来た。夫正之とは見合いであったが、優しい正之との間は、町中の話題になるほどの、おし鳥夫婦であった。正之は中学校の、千枝子は小学校の先生であったが、千枝子は優秀な教師であるばかりか、よき妻、よき嫁であった。ある日、突然千枝子を襲った指の痛み、チョークをもつ手が、食事の仕度をする手が、しばしば激痛に、襲われた。


解説

池上三重子の同名手記を「香華」の木下恵介が脚色、「花実のない森」の富本壮吉が監督した純愛もの。撮影もコンビの小原譲治。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンルラブ・ストーリー 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
若尾文子 (Wakao Ayako)池田千枝子
船越英二北原正之
瀧花久子千枝子の母
浜村純正之の父
原泉正之の母
早川雄三鳴海信太郎
目黒幸子信太郎の妻
藤村志保 (Fujimura Shiho)秋元先生
村田扶実子正之の叔母
岡崎夏子おばさん
飛田喜佐夫町の人A
新宮信子町の人B
須藤恒子お婆さん
高村栄一父の旧友
姿美千子花嫁(純子)
藤山浩二船頭
井上大吾健ちゃん
三夏伸芳ちゃん
夏木章千枝子の義兄
谷謙一葬儀屋A
喜多大八葬儀屋B
伊達正近所の人
伊東光一別府の院長
高見貫小使
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック