女房族は訴える

「くちづけ(1955)」の筧正典監督作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

捕鯨会社の部長吉川弥太郎の家庭は、妻の京子、長男達男、二女ユカリの四人暮しで、長女の笛子はすでに嫁ぎ、笛子の夫の小宮君もまたサラリーマンであった。ある日、弥太郎は会社の酒井常務にバーの女道代との縁切の話をつけてくれと頼まれた。酒井は道代との浮気を細君のたか子に感づかれそうになり、大いに慌てていたのである。バーに出かけた弥太郎は道代に会い、手切金五十万円を出して別れ話を持ち出した。道代は弥太郎に好意を抱き、彼と一緒に旅行することを条件として別れることを承知した。そのことを受取りに書き込むというので弥太郎はすっかり弱ってしまった。


解説

「中野源治の冒険 三部作」の八木沢武孝が脚本を書き「くちづけ(1955)」の筧正典が監督、「驟雨」の玉井正夫が撮影を担当した。主なる出演者は「驟雨」の佐野周二、「早春」の三宅邦子、「イカサマ紳士録」の柳家金語楼、「逃げてきた花嫁」の岡田茉莉子、「オテナの塔 (前篇)」「オテナの塔 (後篇)」の雪村いづみ、「チエミの初恋チャッチャ娘」の小泉博、江原達怡など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1956)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作担当者
助監督
記録
振付
スチール

キャスト

俳優名役名
佐野周二吉川弥太郎
三宅邦子 (Kuniko Miyake)妻京子
岡田茉莉子 (Mariko Okada)長女笛子
江原達怡長男達男
雪村いづみ二女ユカリ
小泉博小宮順二
瑳峨三智子道代
柳家金語楼酒井常務
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)夫人たか子
恩田清二郎弥太郎の旧部下後藤
成田孝弥太郎の旧部下深井
佐田豊弥太郎の旧部下岩見
江幡秀子給仕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック