北国の旅情

石坂洋次郎の原作を西河克己が映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

北国の駅に降り立った上村英吉は、早速、クラスメイトの金井由子の家を訪れた。大学は冬休みに入っていたのだが、由子が帰省中に河原健二と婚約したという手紙をよこしたのだ。英吉の出現で、せっかくの良縁が駄目になるのではないかと、金井家の人は心配した。案の定、健二の父吉之助は英吉の出現に動揺した。また由子の父半造も、由子に英吉との関係を問いただすという有様だった。しかし、由子は英吉に、健二を愛しているから婚約したのだといい。英吉はそれを聞くと、由子の仕合せを祈って金井家を辞した。


解説

石坂洋次郎の原作を、「おゆきさん」の倉本聰と「帰らざる波止場」の山田信夫が脚色し、「白鳥」の西河克己が監督した青春もの。撮影はコンビの高村倉太郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1967)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
舟木一夫上村英吉
十朱幸代 (Toake Yukiyo)金井由子
東野英治郎 (Eijiro Tono)河原吉之助
山内賢 (Ken Yamauchi)河原健二
三代目江戸家猫八金井半造
初井言栄金井テツ子
小橋玲子金井妙子
北林谷栄 (Tanie Kitabayashi)金井はな
小園蓉子ちえ
近藤秀明茂木保吉
市村俊幸警察署長
高品格駅長
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)助役
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック