女の一生('62)

森本薫原作から増村保造が監督した文芸もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

明治三十八年。旅順開城の祝勝気分に酔う提灯行列が東京の町を埋めていた。そんな夜、布引けいは堤家の一員になった。十六歳のけいは両親を失い叔父夫婦に引きとられたが追い出され、路頭に迷い、堤家の賑やかさに魅かれて木戸口をくぐってしまったのだ。そして、女主人しずに懇々とさとされたが、彼女には帰る家がなかった。そんなけいを救ってくれたのは次男栄二だった。しずはこの薄幸な少女を引き取ることにした。けいは日増しに美しく成長していった。ある日、しずはけいを一室に呼んで、もし堤家に恩を感じてるなら、長男伸太郎の妻になってくれるよう命令的口調で言った。


解説

森本薫原作から「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」の八住利雄が脚色、「黒の試走車」の増村保造が監督した文芸もの。撮影もコンビの中川芳久。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
京マチ子 (Machiko_Kyo)布引けい
東山千栄子堤しず
高橋昌也 (Masaya Takahashi)堤伸太郎
田宮二郎 (Jiro Tamiya)堤栄二
浦路洋子堤総子
三木裕子堤ふみ
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)堤章介
叶順子堤知栄
小山内淳野村精三
伊東光一猪瀬
浜村純三次
村田扶実子おくら
池上多加子延子
竹里光子女中咲
響令子女中みつ
三浦友子女中清
原田玄刑事A
早川雄三刑事B
飛田喜佐夫御用聞き
町田博子栄二の妻
仲村隆留学生宋
山中雄司留学生孫
清水将夫吉江大作博士
守田学陸軍少佐
夏木章陸軍大尉
杉田康松永
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック