バナナ

獅子文六の同名小説を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

在日華僑総社の会長呉天童の一人息子竜馬は、いたって純情な青年である。中古のコンソルを買うために貯めた貯金が二十万円ある。まだ二十万円足りない。友達のサキ子がシャンソン歌手になるといいだし、喫茶店「キキ」で、後援会をこさえたり切符をさばいたりするのに忙がしい。「キキ」のマスター宍倉もマネージャーを買って出た。サキ子は父親の貞造をくどき落すのに竜馬と宍倉に同行を頼んだ。


解説

読売新聞に連載された獅子文六の同名小説を映画化したもの。「霧ある情事」のコンビ斎藤良輔が脚色し、渋谷実が監督した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1960)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
二代目尾上松緑 (Onoe Shoroku II)呉天童
杉村春子呉紀伊子
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)呉竜馬
宮口精二 (Seiji Miyaguchi)島村貞造
岡田茉莉子 (Mariko Okada)島村サキ子
桜むつ子島村おせん
小池朝雄 (Asao Koike)王青年
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)呉天源
三井弘次宍倉平吾
仲谷昇永島栄二
菅井一郎張許昌
神山繁 (Shigeru Koyama)林秘書
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック