こっくりさん 劇場版

AKB48の鈴木まりや、初映画初主演で「こっくりさん」の呪いに立ち向かう!

上映スケジュールはコチラ!
こっくりさん 劇場版
こっくりさん 劇場版
こっくりさん 劇場版

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

こっくりさん 劇場版

ある朝、女子高生・大島絵梨の母・友子がテレビのニュースに釘付けになっていた。その視線の先は死後30年以上経った少年の白骨化事件のニュースだった。それから友子は不調な様子のまま翌朝、急死する。あまりの突然で不可解な死に絵梨は大きなショックを受けていた。後日、ある男が絵梨を訪ねてきた。男は友子の友人の息子だと名乗り、また男の母親も数日前に変死したことを語った。男は友子の死を少年の白骨化事件と結びつけていた。更に「こっくりさん」が少年の事件と密接な関係がある事も知る。絵梨は真相を知るため、母の故郷へと向かう……。


解説

日本に、そして世界に広がっている霊交信の「こっくりさん」。世界的には「ウィジャボード」と言われ、その霊交信の簡単さと魅力に世界中の子供が一時的にのめり込む遊びの一種だ。今回、霊交信の呪いに立ち向かう女子高生役に、人気絶頂のアイドルグループ・AKB48のチームB、鈴木まりやが挑戦。初映画にして初主演の鈴木まりやが、初ホラーで「こっくりさん」に立ち向かう。監督は、『2ちゃんねるの呪い 劇場版』でネットの都市伝説の闇を斬新に描いた永江二朗。ホラーシリーズ作品を数多く手がける永江が、世界的な霊術の恐怖を大胆に描く。(作品資料より)


配給ジョリー・ロジャー
制作国日本 (2011)
ジャンルホラー 
公式サイト公式サイトはこちら

2011年11月26日よりワーナー・マイカル・シネマズ板橋ほかにて



スタッフ

監督
脚本
製作
プロデューサー
撮影
録音
照明

キャスト

俳優名役名
鈴木まりや大島絵梨 (オオシマエリ)
片岡明日香北村里佳子 (キタムラリカコ)
梅本静香山本里子 (ヤマモトサトコ)
後藤那奈麻美由美子 (アサミユミコ)
山形啓将 (Keisuke Yamagata)牧瀬浩二 (マキセコウジ)
飯田まさと間宮信二 (マミヤシンジ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック