純情二重奏

昭和十四年に映画化された同名作品を梅津明治郎が監督したメロドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

美しい湖畔のそばにある孤児養護施設の保母栄子は、母きくが死ぬ時に残した日記帳を見て意外な事実を知った。日記帳には栄子の父が、現在の作曲界の重鎮河田武彦であることが記されていた。はやる心を押さえて上京した栄子は河田を訪ね、きくの死を告げたが、河田は愛人きくの面影を栄子に認めながらも、家庭の事情から娘と呼べず、栄子を追い帰さねばならなかった。河田の妻恒子は、隠居の身分ながら作曲界の大御所として存在する恩師田島の娘だった。また河田の娘八千代は、恒子が愛人との間にこしらえた娘だったのだ。


解説

斎藤良輔と長瀬喜伴のシナリオにより昭和十四年に映画化された同名作品を原作に、「大番頭小番頭(1967)」の桜井義久が脚色を担当、「若社長レインボー作戦」の梅津明治郎が監督したメロドラマ。撮影は「横堀川」の厚田雄春。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1967)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)高山栄子
吉田輝雄関一郎
倍賞美津子 (Baisho Mitsuko)河田八千代
北竜二 (Ryuji Kita)河田武彦
坪内美詠子河田恒子
三上真一郎沢本
宗方勝巳田中
早川雪洲田島
晴乃チックポンド
晴乃タックフラン
扇ひろ子歌手
森進一歌手
高峰三枝子往年の大歌手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック