笹笛お紋

棚下照生の原作劇画を吉田哲郎が脚色。田中徳三が監督した時代もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

お紋は、中仙道で、何者かに襲われた瀕死の浪人辰吉から、「お小夜に頼む!」と五十両の金を預かった。が、息せき切って馳けつけた鬼権一家の勘八から、辰吉が渡世法度のイカサマで鬼権の賭場を荒したと聞いて、あっさり金を渡した。そして、乱暴されかかった娘を得意の投げ笹で助けたお紋だがその娘こそ、お小夜であった。お小夜の父庄吉は、鬼権の無理難題で、五十両の金を工面せねば茶店を取り上げられる運命にあり、辰吉の帰りを待ちわびていることを知ったお紋は、一肌脱ぐことにした。


解説

棚下照生の原作劇画を「東海道お化け道中」の吉田哲郎が脚色し、「手錠無用」の田中徳三が監督した時代もの。撮影は「秘剣破り」の牧浦地志が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1969)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル
語り手

キャスト

俳優名役名
大楠道代 (Okusu Michiyo)笹笛お紋
内田良平黒坂専十郎
川崎あかねお小夜
冨士眞奈美おえん
須賀不二男権造
五味龍太郎次郎吉
北竜二 (Ryuji Kita)儀十
内田朝雄 (Asao Uchida)庄吉
伊達三郎 (Saburo Date)蝶吉
守田学勘八
木村元辰吉
山本一郎弁次
杉山昌三九金兵衛
橋本力三次
伴勇太郎半助
黒木現五助
堀北幸夫又七
織田利枝子お千代
矢代洋子およし
小柳圭子お茂
沖時男藤作
新関順司郎平太
三藤頼枝お米
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック