春の戯れ

「風の子」につぐ映画芸術協会の第二回作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

明治の初めのことである。品川の居酒屋入船屋の金蔵のせがれ正吉は、知らない外国を夢にえがいて、その文明の国をこの目で見たかった。とくに横浜のイギリス波止場にノルマンジャ号が来たのを見てからというもの、呆然と、かけ離れた文明の国への憧れに胸をおどらすのだった。ある日入船屋へ、ノルマンジャ号の日本人の乗組員が水夫長とともにどやどやとやって来て酒を飲んだ。ニューヨークの話、シンガポールの話、バナナの話、それらは日ごろの正吉の夢に拍車をかけた。水夫長は正吉の耳に「外国へ行きたかったらノルマンジャ号の乗り組みにしてやるから、出港までに尋ねてこいよ」とささやくのだった。正吉はいてもたってもいられなかった。


解説

原案はマルセル・パニョルの原作「マリウス」の飜案である。製作は「嫁入聟取花合戦」の青柳信雄と「風の子」につぐ山本嘉次郎で、脚本・監督も同じく山本嘉次郎、カメラは山崎一雄が担当する。主演は「わが生涯のかがやける日」「破戒(1948 木下恵介)」の宇野重吉と「三百六十五夜(1948)」「虹を抱く処女」の高峰秀子、それに「幽霊塔」の徳川夢声「殿様ホテル」の飯田蝶子「遊侠の群れ」の三島雅夫「白頭巾現わる」の鳥羽陽之助「嫁入聟取花合戦」の一の宮あつ子らが出演する。なお監督の山本嘉次郎、出演者の徳川夢声、高峰秀子の三名は「綴方教室」以来の久しぶりの顔合わせである。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1949)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
徳川夢声 (Musei Tokugawa)金蔵
宇野重吉 (Jukichi Uno)正吉
飯田蝶子おろく
高峰秀子 (Takamine Hideko)お花
三島雅夫徳兵衛
鳥羽陽之助甚兵衛
一の宮あつ子おなきのカンコ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック