とんかつ大将

富田常雄の原作を、「適齢三人娘」の川島雄三が脚色・監督したもの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

長屋に住む青年医師荒木勇作は俗称「とんかつ大将」と呼ばれみんなに親しまれていた。純情の艶歌師町田吟月と兄弟のようにして同居していたが、吟月は、浅草裏の飲み屋「一直」の女主人菊江に惚れて、一夜勇作を誘って飲みに行った。折も折、菊江の弟の周二が喧嘩で怪我をしてもどって来たので、勇作はその手当をして近くの病院へかつぎ込んだ。ところがその病院の女医が、昼間勇作が自動車にぶつけられた太平老人に代わって、さんざん油をしぼってやった自動車の主真弓であった。


解説

「夢と知りせば」に次ぐ山口松三郎の製作。富田常雄の原作を、「適齢三人娘」の川島雄三が脚色・監督したもので、撮影も同じく西川亨が受持っている。配役陣は「夢と知りせば」の佐野周二、津島恵子、子役の設楽幸嗣に、「母化粧」の角梨枝子、「陽気な渡り鳥」の高橋貞二、その他三井弘次、徳大寺伸、幾野道子などが主なものである。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1952)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
佐野周二荒木勇作
美山悦子妹静子
長尾敏之助佐田伴蔵
津島恵子 (Keiko Tsushima)令嬢真弓
角梨枝子「一直」女主人菊江
高橋貞二弟周二
三井弘次艶歌師吟月
徳大寺伸丹羽利夫
幾野道子妻多美
設楽幸嗣子供利春
坂本武太平
小園蓉子娘お艶
北竜二 (Ryuji Kita)弁護士大岩
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック