蝶採り

グルジア出身の名匠、オタール・イオセリアーニ監督の1992年の作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

フランス郊外の古い城館に、持ち主であるマリ=アニエス・ド・バイオネットと彼女のいとこが召使と共に住んでいる。車椅子に乗っているマリ=アニエスは城内でピストル射撃を、いとこは町のオーケストラに参加したり、弓を使って池で魚を獲ったり、屋外でゲームを楽しんだりと、二人はそれぞれのんびりと日々の暮らしをエンジョイしている。彼女たちのお隣さんは公証人アンリ・ド・ランパデール。現在、彼の館には、大金持ちのマハラジャが滞在している。アンリは、老婦人たちの城館を日本企業に売却斡旋しようとたくらんでいるが、マリ=アニエスのいとこはかたくなにこれを拒否。ところがそんなある日、城館に亡き将官の霊が現れマリ=アニエスが急死してしまった。


解説

グルジア出身の名匠、オタール・イオセリアーニ監督の1992年の作品で、ナルダ・ブランシェは監督のパリの自宅の近所に住む老婦人をキャスティング。撮影はフランス映画界の名カメラマンで、現在イオセリアーニとコンビを組んでいるウィリアム・ルプシャンスキー。美術スタッフ兼キャストにはエマニュル・ド・ショヴィニ。この三人がコラボレートした記念すべき第一作。古い城館でのんびりと余生を楽しむ二人の老婦人と、彼女らの城館を売却しようとたくらむ隣人や親族たち。老婦人と隣人・親族の姿を対比させて、人を変えてしまうお金の力とはかなさ、予測のつかない人生の不思議さとおかしさが描かれる。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国フランス=ドイツ=イタリア (1992)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
編集

キャスト

俳優名役名
ナルダ・ブランシェ (Narda Blanchet)Solange cousine of Marie-Agnes
アレクサンドル・チェルカソフ (Aleksandr Cherkasov)Henri de Lampadere neighbor
アレクサンドラ・リーベルマン (Alexandra Liebermann)Helene sister of Marie-Agnes
エマニュエル・ド・ショヴィニ (Emmanuel de Chauvigny)Pater Andre
ピエレット・ポンポン・ベラッシュ (Pierette Pompom Bailhache)Valerie gouvernante
タマーラ・タラサシヴィリ (Thamara Tarassachvili)Marie-Agnes de Bayonette
オタール・イオセリアーニ (Otar Iosseliani)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック