群盗、第七章

オタール・イオセリアーニ監督が、祖国グルジアの歴史を縦横無尽に切り取った群像劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

現代のパリ。とある試写室に集う男たちは席に座ったとたん、タバコを吸い始める。スクリーンに映し出されたのは、豪邸に集い、半裸で酒を飲みゲームに興じる大人たちを少女が射殺するシーンだ。場面は変わり、中世のグルジア。馬にまたがった王は、ある日森で羊飼いの美しい娘を見初める。王は彼女を馬に乗せ、王妃に迎えた。場面は変わり、内戦下のグルジア。あごひげの浮浪者は、酒瓶を抱えて通りに出る。街には装甲車が行き交い、建物の屋上には市民に向かって銃を構えた女性の狙撃手がいる。場面は変わり、中世。戦争が始まり、王は騎士らと戦地へ向かうことになった。


解説

いつの時代も繰り返される人間の愚かな行為を笑い飛ばす一方で、それでもなお力強く生きていく名も無き人々を優しく見つめてゆく。王、サルタン、ヴァノ、浮浪者と4役を演じた主演のアミラン・アミナラシヴィリは、この作品でダンケルク映画祭の最優秀男優賞を受賞した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国フランス=スイス=イタリア他 (1996)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
編集

キャスト

俳優名役名
アミラン・アミナラシヴィリ (Amiran Amiranashvili)Vano
ダト・ゴジベダシヴィリ (Dato Gogibedachvili)Sandro
ギオ・ジンツァーゼ (Guio Tzintsadze)Spiridon
ニノ・オルジョニキーゼ (Nino Ordjonikidze)Eka
ケティ・カパナーゼ (Keli Kapanadze)Lia
アレクシ・ジャケリ (Alexi Djakeli)Victor
ニコ・カルツィヴァーゼ (Niko Kartsivadz)Cola
ニコ・タリエラシュヴィリ (Nico Tarielashvili)Nico
オタール・イオセリアーニ (Otar Iosseliani)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック