花の兄弟('56)

子母沢寛の原作を三隅研次が映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

徳川も末期の頃。島田虎之助の道場で小天狗と謳われた一刀流の達人大塚半九郎は、今は鳥越の半九郎と呼ばれるごろつき侍になり下っていた。今日も彼は一味の首領株青木弥太郎の情婦お辰を奥女中に仕立てて札差旦那衆の賭場に乗り込み、有金を捲き上げて引き上げたが、その帰途、養子に行った弟の辺見播磨に出逢ってしまう。兄の変り果てた姿を心配した播磨は師匠虎之助に相談したが虎之助は却って大丈夫だと播磨を慰めた。ある夜、播磨は唐物問屋伊勢屋安左衛門の手先小倉庵の長二郎に伊勢安の妾になれと難題を吹きかけられている芸者美代次を救った。半九郎と同棲している彼女の案内で兄を訪ねた播磨は亡き父を忘れたかと迫る。


解説

徳川末期の動乱の中に、江戸を灰燼に帰そうという陰謀をめぐり宿命に生きる兄弟の活躍と愛憎を描いている。「花の渡り鳥」の犬塚稔が脚色し、「浅太郎鴉」の三隅研次が監督した。撮影は「忍術選手権試合」の竹村康和。主な出演者は「喧嘩鴛鴦」の市川雷蔵、浜世津子、「刑事部屋」の林成年、「祇園の姉妹」の木暮実千代、「新婚日記 嬉しい朝」の東野英治郎、「鼠小僧忍び込み控」の三田登喜子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1956)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)鳥越の半九郎
林成年辺見播磨
木暮実千代 (Michiyo Kogure)賑のお辰
東野英治郎 (Eijiro Tono)青木弥太郎
水原浩一小倉庵の長二郎
浜世津子女房お徳
三田登喜子美代次
荒木忍島田虎之助
中村玉緒 (Nakamura Tamao)姪妙
菊野昌代士大塚三左衛門
杉山昌三九岩下典膳
羅門光三郎伊勢屋安左衛門
千葉敏郎西森蔵
尾上栄五郎花井筒の五郎兵衛
小柳圭子女房お芳
玉置一恵札差森田屋
由利道夫札差福井屋
横山文彦札差松前屋
小松みどりばあや
葉山富之輔島田邸の下僕
前田和子しゃも屋の女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック