喜劇 にっぽんのお婆あちゃん

水木洋子の原作を今井正が監督した社会喜劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

秋の陽ざしも弱々しい浅草仲見世。レコード屋の前で橋幸夫の「木曽節三度笠」を聴きながら、サトとくみはすっかり意気投合。くみは工員を八十人も使っている製靴工場の御隠居だそうだし、サトの方も息子夫婦がポリエチレンの会社をやっていて、これまた全くの楽隠居だという。それにしてはくみの服装が粗末だし、サトの顔にも生気がない。焼鳥屋の店員昭子が楽しそうな二人に声をかけ、自分の店に案内する。ビールをあおって二人はご機嫌だ。やがて店を出たサトたちは、街角で化粧品のセールスマン田口と知り合う。女房とのノロケ話に二人は過ぎし昔の結婚生活を思いうかべて涙ぐむ。夕ぐれ近く、二人は田口と別れた。


解説

「あれが港の灯だ」の水木洋子のオリジナル・シナリオをコンビの今井正が監督した社会喜劇・撮影もコンビの中尾駿一郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
ミヤコ蝶々喧嘩ばあさんサト
北林谷栄 (Tanie Kitabayashi)おとぼけばあさんくみ
飯田蝶子風船ばあさん花
浦辺粂子ざあませばあさんわか
原泉大食いばあさんハツ
村瀬幸子横着ばあさん艶
岸輝子いじわるばあさんかく
東山千栄子あそばせばあさん末野
斎藤達雄 (Tatsuo Saitou)ロマンチックじいさん安西
渡辺篤インテリじいさん鈴村
織田政雄皆勤主事曽我
左卜全優等生じいさん関
中村是好乞食じいさん三谷
清水金一迷コック
杉寛モグモグじいさん手塚
小笠原章二郎ノイローゼじいさん加藤
山本礼三郎親分じいさん杉山
柳谷寛お巡りさん
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)八掛見じいさん象水
上田吉二郎政治家じいさん大川
菅井一郎画家じいさん多田
十朱幸代 (Toake Yukiyo)ニコニコ女店員昭子
五月女マリ下町つ娘ひろ子
関千恵子ヒステリー女房志保子
市原悦子 (Ichihara Etsuko)新米寮母青木
沢村貞子栄養士
三木のり平大道掛軸屋
渡辺文雄団地亭主達二
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)お巡りさん
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)副園長小野
木村功セールスマン田口
田村高廣 (Takahiro Tamura)純情園長さん福田
伴淳三郎酔っぱらいじいさん兼井
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック