浮かれ三度笠

田中徳三が監督した明朗時代劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

尾張大納言宗春に、不穏な動きがあった。将軍職を吉宗と争って負けたから。吉宗は越前守の進言で、甥の松平与一郎と宗春の息女菊姫を縁組させようとした。与一郎は名うての道楽者で、ふ抜けといわれる。だから菊姫は承知しない。老家臣はお家の安泰のための唯一の道と姫を説いた。彼が何者かに斬られ、菊姫に預けたものは、宗春に加担を約した諸大名の連判状だった。菊姫は腰元渚をつれ、父の暴挙をとめようと、江戸屋敷を発った。姫を内密に探す役が、渚の恋人、楠見兵馬に命ぜられた。


解説

「鳴門の花嫁」の共同執筆者・松村正温の脚本を、「濡れ髪三度笠」の田中徳三が監督した明朗時代劇。撮影担当も同じく「濡れ髪三度笠」の武田千吉郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1959)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)松平与一郎
本郷功次郎楠見兵馬
中村玉緒 (Nakamura Tamao)菊姫
左幸子 (Hidari Sachiko)お吉
宇治みさ子
美川純子お花
島田竜三大岡越前守
かしまし歌江お梅
かしまし花江お松
かしまし照江お島
伊沢一郎徳川吉宗
小堀阿吉雄徳川宗春
清水元榊原采女正
本郷秀雄村井源蔵
富田仲次郎権藤民部
嵐三右衛門赤座道犬
香川良介此木大膳正
荒木忍坂部監物
水原浩一神井半兵街
寺島貢諸岡一角
市川謹也早坂玄馬
原聖四郎松平家の家臣
石原須磨男木綿問屋の番頭
東良之助柴田孫太夫
橘公子老女
小町瑠美子お雪
綾英美子すれ違いの姫
金剛麗子旅篭の女将おろく
藤川準箱根の雲助甲
玉置一恵箱根の雲助乙
岩田正町人
三浦志郎旅篭の番頭
越川一飴売り
河田好太郎箱根の雲助丙
沖時男旅篭の客(一)
遠山金四郎旅篭の客(二)
浜田雄史近習
井手野憲治茶坊主
大谷鷹子宿の女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック