自由学校('51大映)

獅子文六の原作を吉村公三郎が監督した作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

社会と家庭からの解放を求めてルンペンの群落に入った五百助というサラリーマンあがりの四十男が、初めて接した別な社会や人間にふれ、そこに真実の生き方を見出してゆく。


解説

松竹と競うことになったこの映画の大映側のスタッフは、製作は「紅蝙蝠(1950)」の服部靜夫で、脚色、監督、撮影は、「偽れる盛装」と同じく新藤兼人、吉村公三郎、中井朝一のトリオである。配役は南村五百助に、文芸春秋出版部長小野詮造こと小野文春、駒子には、「熱砂の白蘭」の木暮実千代、ユリには「恋の阿蘭陀坂」をあげた京マチ子、隆文には大泉滉、羽根田博士の徳川夢声、銀子の英百合子、辺見の山村聡、その他藤原釜足、藤田進、斎藤達雄、殿山泰司、荒川さつきなどである。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1951)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
小野文春南村五百助
木暮実千代 (Michiyo Kogure)妻駒子
京マチ子 (Machiko_Kyo)ユリ
大泉滉隆文
徳川夢声 (Musei Tokugawa)羽根田博士
英百合子妻銀子
山口勇藤村功一
織賀邦江藤村の妻
岡村文子堀芳蘭
河原侃二菱刈乙丸
山村聡 (Soh Yamamura)辺見卓
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)加治木健兵
宮崎準同志高橋
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)じいさん
藤田進 (Susumu Fujita)平さん
加東大介高山
斎藤達雄 (Tatsuo Saitou)茂木
荒川さつき茂木夫人
宮原恭子高杉未亡人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック