遊太郎巷談

柴田錬三郎の小説の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

真紅の大太刀は一の宮神社の祭礼の勧進元あてに、大前田の親分から届けられる。父の佐五親分が吉兵衛一家に暗討ちにあって一年後の今日も、お葉とお夕の姉妹が継いだ佐五一家に、また真紅の大太刀が届けられた。途中を吉兵街一家が待ち伏せてい、奪いとろうとした。乱闘。残るは数人になったとき、浪人遊太郎が現れ、お夕たちを救ったのだ。彼はしばらく一家の食客になった。が果し状をつけた吉兵衛一家を全滅させると姿を消した。用心棒の平手造酒は彼を生涯の好敵手と決め、江戸へ追っていく。遊太郎は飯倉明神境内で、役人から追われる修次郎という男から美しいチギ函を受取った。修次郎は古屋敷に住むつう姫という謎の美女につかえる若者である。小函には伝馬町の牢屋の地図が入っていた。−−遊太郎は幕府大目付後藤修理亮の邸に身を寄せていた。彼は上野輪王寺の宮と将軍家の娘の間に生れた若宮だった。彼の佩く香木の刀はそれを物語る。両親は死に、修理亮のもとで育った。修理亮の娘小百合は彼を恋し、両親もそれを許した。お夕も彼を恋し、三休和尚に連れられ、屋敷を訪れた。


解説

柴田錬三郎の週刊明星連載小説の映画化。「弁天小僧」の八尋不二が脚色、「血文字船」の田坂勝彦が監督、「七番目の密使」の杉山公平が撮影した。音楽は「化け猫御用だ」の高橋半。「人肌牡丹」の市川雷蔵を筆頭に、浦路洋子・金田一敦子・林成年・岸正子らが出演している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1959)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)遊太郎
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)輪王寺の宮
浦路洋子小百合
金田一敦子つう姫
岸正子お夕
阿井美千子お葉
林成年修次郎
香川良介三休和尚
植村謙二郎平手造酒
清水元後藤修理亮
水原浩一貝賀伊助
綾英美子腰元
松尾親代宮の奥方
滝花久子奥方ぬい
石黒達也是庵(隅忠正)
荒木忍水野越中守
上田寛孔雀の花吉
寺島雄作紋太
東良之助双六の吉兵衛
市川謹也桑山五太夫
志摩靖彦真木三郎次
川口幸次幼き日の遊太郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック