博徒ざむらい

久保栄の原作を森一生が監督した遊侠もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

甲斐の祐天こと祐天仙之助は、今では甲州一円に鳴り響く男一匹だが、数年前までは、大親分津向の文吉の世話になる一介の流れ者に過ぎなかった。文吉は暖く祐天の面倒を見たが、かねてから文吉の賭場を狙う吃安一家が、ささいな事にいいがかりをつけ、殴り込みをかけてきた。祐天は、吃安の用心棒、桑原来助を斬ったが、そのとき八州役人の手が廻り文吉と吃安は遠島の罪に問われた。責任を感じた祐天は、津向一家の代貸獅子山の佐太郎と共に一家を盛り上げ、無事絹市もすませた。そんなとき、吃安が島を破って逃げ帰った。代官宇津美は、絹市における名荷金の免除を条件に、祐天に吃安召し捕りを命じた。しかし、これは代官宇津美の謀略だった。祐天は吃安一味を捕えたものの、背後から代官役人に襲われ、死にもの狂いで血路を開いて、横浜に逃れた。


解説

久保栄の原作を「銃殺」の高岩肇が脚色「駿河遊侠伝 賭場荒し」の森一生が監督した遊侠もの。撮影もコンビの今井ひろし。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1964)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)祐天仙之助
本郷功次郎獅子山の佐太郎
坪内ミキ子おせい
芦田伸介清河八郎
伊藤孝雄大村達尾
植村謙二郎宇津美大次郎
富田仲次郎武居の安五郎
北城寿太郎芹沢鴨
紺野ユカお辰
清水将夫甲州屋助蔵
水原浩一新地の七兵衛
伊達三郎 (Saburo Date)殿様の伝蔵
杉山昌三九桑原来助
中村豊石坂周造
越川一壷ふり勘蔵
堀北幸夫井出の久四郎
南条新太郎樋渡八兵衛
尾上栄五郎佐伯紋三郎
香川良介津向の文吉
ピーター・ウィリアムスバーネット
東良之助農民一
天野一郎農民二
石原須磨男絹買商人一
玉置一恵黒駒勝蔵
木村玄伊牟田尚平
沖時男丑松
浜田雄史別手組侍A
舟木洋一別手組侍B
荒木美重子おきく
原聖四郎近藤勇
岩田正牢屋同心
志賀明身延の半五郎
大林一夫源八
愛原光一絹買商人二
竹谷俊彦池田徳太郎
薮内武司万沢の久次
千石泰三相撲の半次
黒木英男
有村淳斎藤熊三郎
芝田総二絹宿商人一
北野拓也長吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック