真昼の罠('62)

黒岩重吾の原作を富本壮吉が監督した作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

出世コースを邁進する藤悟は、ハンサムなだけに女関係も多い。目下の相手人妻霞尚子とのデートの資金を、情事と引きかえに女医の弥生に借りた。破格の海外留学が命じられた日、尚子は初めてすべてを許し、藤は今までにない愛情を覚えるのだった。だが同じ頃、弥生が何者かによって殺された。借用証から警察が藤のアリバイを求めて来た。尚子の夫は財界政界に絶大な権力を持つ怪物である。藤は、アリバイの偽証を目論んだが、見山課長と夕崎部長からなぐさめともおどしともつかぬ注意を受けた。


解説

週刊新潮連載黒岩重吾原作を「脱出」の高岩肇が脚色、「B・G物語 易入門」の富本壮吉が監督したミステリーもの。撮影は「宝石泥棒」の小原譲治。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
田宮二郎 (Jiro Tamiya)藤悟
叶順子霞尚子
高松英郎 (Hideo Takamatsu)夕崎部長
村上不二夫見山課長
友田輝古谷
弓恵子遠山恵美子
角梨枝子赤塚弥生
渋沢詩子守屋那須江
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)霞雄介
中条静夫田所警部
夏木章大木部長刑事
藤山浩二池内刑事
原田玄村井刑事
穂高のり子加奈
山中雄司井関
佐藤八郎鈴木
網中一郎北川
高村栄一大賀社長
伊東光一堂本常務
穂積明梶本
川畑愛光秘書
星ひかる園田
沢善郎大津
三島愛子おきよ
緋桜陽子絹代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック