次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊

村上元三の原作を映画化したシリーズ第八部

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

清水一家は次郎長女房お蝶と豚松の法事の日。百姓姿の身受山鎌太郎が受付に五両置いたのを石松は二十五両と本堂に張り出した。さて読経の声もたけなわ、死んだ豚松の母親や許婚お静が来て泣きわめく。鎌太郎の諌言までもなく次郎長は深く心打たれていた。法事を終えた次郎長は愛刀を讃岐の金比羅様へ納める事になり、選ばれた石松は一同心ずくしの八両二分を懐に旅の空へ出た。途中、知り合った浜松の政五郎にすっかりノロけられた石松は金比羅様に刀を納めると、その侭色街に足を向けて、とある一軒の店へ入った。夕顔というその女の濡れた瞳に惚れた石松は八両二分をはたいて暫く逗留、別れ際には手紙迄貰って讃岐を去った。近江で立寄った身受山鎌太郎は先の二十五両を石松に渡して義理を果し、石松の落した夕顔の手紙に同情して、夕顔を身受して石松の女房にする事を約したが……。


解説

村上元三の原作をマキノ雅弘が監督した次郎長三国志シリーズ第八部。スタッフ・キャストはほとんど引き継がれているが、志村喬、青山京子、川合玉江などが新しく出演している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1954)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督

キャスト

俳優名役名
小堀明男清水次郎長
河津清三郎清水の大政
田崎潤 (Jun Tazaki)桶屋の鬼吉
森健二関東綱五郎
田中春男法印大五郎
緒方燐作大野の鶴吉
広沢虎造張子の虎三
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)江尻の大熊
山本廉小松村七五郎
越路吹雪お園
森繁久彌 (Hisaya Morisige)森の石松
小泉博追分三五郎
志村喬身受山鎌太郎
青山京子娘おみの
川合玉江夕顔
水島道太郎浜松の政五郎
小川虎之助和田島の太左衛門
上田吉二郎都田村の吉兵衛
佐伯秀男常吉
豊島美智子お千
広瀬嘉子ぬい
北川町子 (Machiko Kitagawa)お静
馬野都留子豚松の母親
木匠マユリおまん
紫千鶴お町
本間文子 (Noriko Honma)やりて婆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック