昭和元禄 TOKYO196X年

恩地監督が描くドキュメンタリー風青春映画

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

社会部記者の五代健吉は戦乱のさなかにあるベトナムから取材を終えて帰国した。硝煙と、殺戮のベトナムにくらべれは、東京はまさに天国のようなものであった。五代はしばしの間、その平安の中に身を浸した。マンガを読んだり、タバコをふかしたりする所在のない五代は、ある日、後輩の村井から週刊誌のアルバイトを紹介された。そのアルバイトというのは少し変っていた。週刊誌の編集長由井の話によると、浅草のゴーゴー・バーで殺人を犯した少年乙三が自殺を予告して新宿に潜んでいるので、その内面的な変化を、囮を使って取材してくれ、というものだった。


解説

「ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦」の倉本聰がシナリオを執筆し、「めぐりあい(1968)」の恩地日出夫が監督したドキュメンタリー・タッチの青春もの。撮影は「喜劇 駅前火山」の黒田徳三。


配給-
制作国日本 (1968)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
伊丹十三 (Juzo Itami)五代健吉
橋本功村井
荘司肇由井
吉田未来木塚ユリ
出情児加藤乙三
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック