幻の馬('55)

長谷川公之との共同脚本を島耕二が映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

次郎の家の白石牧場でタケルが生れたのは、真白な冬の野原に朝日がさし始める頃だった。母親は千鳥という大人しい馬である。隣の大西牧場でもワカアラシが生れたところである。次郎の父の弥助も、姉の雪江も、又将来騎手になりたがっている兄の一郎も大喜びだった。大西の時男は東京の獣医学校を卒業して帰って来たので、彼と好き合っている雪江も嬉しそうである。大西牧場へは東京から競走馬を買いに来て、ワカアラシは買われて行った。その頃、近くの林が火事になり、千鳥と若草を喰べていたタケルは煙の中に巻きこまれた。


解説

「お嬢さん先生」の島耕二と「皇太子の花嫁」の長谷川公之とが共同で執筆したオリジナル・シナリオを、島耕二が監督する大映カラー映画。撮影は「「春情鳩の街」より 渡り鳥いつ帰る」の高橋通夫、音楽は「悪魔の囁き」の大森盛太郎と島耕二の担当による。出演者は「娘の縁談」の若尾文子、「薔薇いくたびか」の北原義郎、見明凡太朗のほか、少年騎手の遊佐晃彦、本職の二本柳、山田騎手、荒木調教師などである。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1955)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
色彩技術

キャスト

俳優名役名
見明凡太朗 (Bontaro Miake)白石弥助
若尾文子 (Wakao Ayako)雪江
遊佐晃彦一郎
岩垂幸彦次郎
柳永二郎大西兵五郎
三宅邦子 (Kuniko Miyake)萩野
北原義郎時男
千葉直志
千田是也浜村
岡村文子吉田
伊沢一郎石川
二本柳俊夫斎藤
山田一雄村山
原田玄尾崎
谷謙一
荒木靜男天野
小川虎之助西山
八木沢敏桜井
潮万太郎為七
星ひかる景正
酒井三郎吉松
宮島健一安田組合長
高堂国典 (Kuninori Kodo)六造爺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック