命美わし

八木隆一郎原作を大庭秀雄が監督

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

伊村早吉の家は、自殺者の多い城の内濠の傍にあったので、彼の手で自殺直前を救われた者も多かった。ある晩、早吉は又しても一人の娘を救った。市会議長梅澤の息子に妊娠の身を捨てられた房江だった。同じ夜、また一人の女性が早吉の長男寛一に救われた。一人きりの愛児を失って自暴自棄になったあさ子だった。寛一は新聞記者だったので、房江の事件を知ってこれを新聞紙上にあばいた。次男修二は房江を愛していたので房江をさらし者にしたと怒って彼女を伴って家出してしまった。


解説

製作は「純白の夜」の小出孝、八木隆一郎の原作より「あわれ人妻」の柳井隆雄が脚色し、「純白の夜」の大庭秀雄が監督に当っている。撮影は「夢多き頃」の長岡博之である。出演者は、「海の花火」の笠智衆、三国連太郎、杉村春子、桂木洋子、佐田啓二、「夢多き頃」の淡島千景の他に、小沢栄、坂本武、桜むつ子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1951)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
笠智衆 (Ryu Chishu)伊村早吉
杉村春子妻みね
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)長男寛一
佐田啓二次男修二
小園蓉子長女民子
坂本武高山
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)快雲
淡島千景 (Chikage Awashima)あさ子
宮口精二 (Seiji Miyaguchi)大島
桂木洋子娘房江
北竜二 (Ryuji Kita)梅澤
土紀就一息子忠清
磯野秋雄本田
桜むつ子妻富枝
小林十九二山村編集長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック