自由ケ丘夫人

武田繁太郎の同名小説の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

高級住宅街である山ノ手の自由ケ丘に住む池上良策の妻淳子は、年若く子供もないが近所に住む別宮夫人、お節介やきの枝村夫人や派手好きの滝田夫人達の仲間に加わって、茶道に生花、小唄にお料理と毎日のように出かけている。そんな淳子に同じ家に住む姪の信子は驚異の眼差を向けていた。俊太郎は信子の勤めている会社の部長で、家では夫人に会社では女社長にいためつけられている気の弱い男である。


解説

「サラリーマン御意見帖 出世無用」の長瀬喜伴が脚色し、「幽霊繁盛記」の佐伯幸三が監督した風俗喜劇。撮影は「大学の山賊たち」の飯村正。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1960)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
池部良池上良策
新珠三千代 (Aratama Michiyo)池上淳子
浜美枝 (Mie Hama)田代信子
有島一郎別宮俊太郎
淡路恵子 (Awaji Keiko)別宮万知子
千葉亮子別宮さち子
加東大介枝村
杉葉子枝村夫人
三国一朗 (Ichiro Mikuni)滝田
安西郷子滝田夫人
千石規子 (Noriko Sengoku)河島夫人
沢村貞子マダム英子
坪内美詠子マダム千鶴子
佐竹明夫高桑輝夫
三島耕村井五郎
若宮忠三郎岡田
春川ますみ (Masumi Harukawa)中華そば屋
塩沢ときバーの女
美川陽一郎バーの客
長島丸子池上家の姿や
大塚末子キモノ・デザイナー
田村魚菜料理学校の先生
町春草書道の先生
布地由起江洋装店々員
藤村有弘 (Arihiro Fujimura)証券会社々員
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック