巨人と玩具

開高健の同名小説を映画化した異色ドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

都心のある大きな駅の出口から、今日も群衆が無限に吐き出される。−−駅前広場にはサムソン製菓のビルがある。その宣伝課長は合田という男で、宣伝の鬼といわれていた。宣伝課員の洋介は彼の敏腕を尊敬していた。−−キャラメルの売りあげ高が悪くなった。宣伝に新手を考えだす必要に迫られた。京子という少女を合田が拾ってきた。虫歯だらけのありきたりの小娘だ。ペロッと出す長い舌と、驚いたような笑い顔が変っていた。洋介の大学の級友横山は競争相手のヘラクレス洋菓宣伝部にいる。もう一つのアポロ製菓の宣伝課員倉橋雅美に、彼は洋介を紹介した。二人は愛しあった。京子のカメラ・テストの結果、彼女はネガ美人であることが判った。


解説

文学界所載開高健の同名小説を、「結婚のすべて」の白坂依志夫が脚色、「氷壁」の増村保造が監督、同じく「氷壁」の村井博が撮影した異色ドラマ。主演は「命を賭ける男」の川口浩、「氷壁」の野添ひとみ、「大阪の女」の小野道子、高松英郎。色彩はアグファカラー。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
川口浩西洋介
野添ひとみ島京子
高松英郎 (Hideo Takamatsu)合田竜次
信欣三矢代光平
伊藤雄之助春川純二
藤山浩一横山忠夫
小野道子倉橋雅美
山茶花究東隆蔵
伊藤直保中崎
飛田喜佐夫松谷
春本富士夫 (Fhujio Harumoto)下村
夏木章
高村栄一秋村
伊東光一春岡
大山健二
花布辰男冬崎
潮万太郎夏木
高見貫乙骨
武江義雄金子
松山浩二運転手A
中江文男運転手B
浜口喜博運転手C
星ひかる黒沢
伊達正栄吉
村田扶実子キク
南方伸夫工場技師(猿沢)
町田博子合田鈴枝
阿部脩プロレスラー
目黒幸子岩崎
山川あい子菊村須美子
堀込久子藤本みゆき
渡辺鉄弥ロカビリー歌手
小山内淳宣伝ブローカー
杉田康プロデューサー
須藤恒子老婆
田宮二郎 (Jiro Tamiya)学生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック