鰯雲

和田伝の同名小説を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東京近郊の、厚木附近の農村。東洋新聞の厚木通信部の記者・大川は農家の実態を記事にするため、八重の家を訪ねた。ハ重は夫を戦争で失い、姑のヒデをかかえ、一人息子の正を育てながら農事に精出してきた。彼女は女学校を出てい、たまたま大川と一緒に入った町の食堂「千登世」の女主人は、そのときの同級生の千枝だった。八重の兄・和助は同じ村に住んでいるが、親子九人の大世帯である。昔は十町歩からの大地主だったが、農地改革でわずか一町八反しか残らなかった。今の嫁は三人目であった。長男の初治の嫁探しを八重は頼まれていた。


解説

厚木附近の農家の、当主・嫁・姑・息子たちの姿を、早春から初夏にかけての季節を背景に描いたもので、原作は和田伝の同名小説。「奴が殺人者だ」の橋本忍が脚色、「杏っ子」のコンビ成瀬巳喜男が監督、玉井正夫が撮影した。「駅前旅館」の漆島千景、「炎上」の中村鴈治郎、「風流温泉日記」の小林桂樹、「花の慕情」の司葉子、その他木村功・新株三千代・水野久美・加東大介・杉村春子などが出演している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
淡島千景 (Chikage Awashima)八重
木村功大川
二代目中村鴈治郎和助(本家)
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)タネ(和助の後妻)
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)初治(長男)
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)信次(次男)
大塚国夫順三(三男)
上野明美民子(長女)
藤井美智子年江(次女)
伊東隆四郎(四男)
織田政雄大次郎(分家)
賀原夏子やすえ(大次郎の妻)
水野久美浜子(大次郎の娘)
飯田蝶子ヒデ(八重の姑)
山内賢 (Ken Yamauchi)正(八重の息子)
杉村春子とよ(みち子の継母)
司葉子 (Tsukasa Yoko)みち子
新珠三千代 (Aratama Michiyo)千枝(千登世の女主人)
見明凡太朗 (Bontaro Miake)白瀬(千枝のパトロン)
加東大介村役場の助役
長岡輝子半原の宿の女将
三田照子「千登世」の女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック