兄さんの愛情

「あんみつ姫」に次ぐ東京映画の作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

海軍中将西小路景機の遺族は、謙一、周二、耕三の三人兄弟に母の政子の四人暮しだった。謙一は堅実な勤め人で、深い理解と愛情に支えられた水原夏乃を恋人に持ち、ともすれば華美に流れ勝ちな母をたしなめていた。この家に、仙台から遠縁の娘斎藤久美子が、故郷の母の縁談を逃れるために上京し、寄宿することになった。派手な久美子のために家庭は明るくなりはしたが、彼女は謙一に媚態を見せて悩ませるのだった。だが謙一には夏乃という恋人のあることを知った久美子は、高校三年の次男周二に云い寄ろうとするのだった。


解説

「あんみつ姫」に次ぐ東京映画の作品で、内村直也の原作を堀江史朗と西島大(君死に給うことなかれ)とが共同で脚色し、「君死に給うことなかれ」の丸山誠治が監督する。撮影は「宮本武蔵(1954)」の安本淳、音楽は「伊達騒動 母御殿」の服部良一の担当である。出演者は「不滅の熱球」の池部良、「この広い空のどこかに」の久我美子と石浜朗、宝塚の伊吹友木子、「螢の光」の三宅邦子、「真白き富士の嶺(1954)」の江原達怡など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1954)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
池部良西小路謙一
石浜朗西小路周二
江原達怡西小路耕三
三宅邦子 (Kuniko Miyake)母政子
伊吹友木子斎藤久美子
久我美子 (Kuga Yoshiko)水原夏乃
加東大介義原
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック