眼の壁

松本清張の原作を大庭秀雄が映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

奥湯河原の山中で、昭和電業の会計課長・関野が縊死していた。−−関野の部下・会計課次長の萩崎竜雄は、残された遺書から、関野の自殺が給料支払のための金融工作でパクリ屋一味の詐欺にかかって手形を奪われた責任をとったのだと知った。関野は堀口というパクリ屋を高利貸・山杉商事から紹介されていた。萩崎は客になりすまして、山杉商事を訪ねた。秘書の上崎絵津子という美人がいた。萩崎が見張っていると、絵津子は車で出かけ、荻窪の舟坂と表札のある邸に入った。萩崎は新聞社の友人・田村満吉を訪ね、舟坂英明が政界の黒幕的存在であることを知る。その愛人の開いている、銀座のバー“レッド・ムーン”で萩崎は田丸という男と知りった。その時、絵津子が白髪の紳士と現れた。彼らを追おうとした萩崎は、待ち伏せた暴漢に袋叩きになった。


解説

松本清張のベスト・セラーを、「赤い陣羽織」の高岩肇が脚色、「黒い花粉」の大庭秀雄が監督したもので、パクリ屋の手形詐欺を発端として展開する推理映画。撮影は「彼岸花」の厚田雄春。「顔役(1958)」の佐田啓二、「昨日は昨日今日は今日」の朝丘雪路、さらに高野真二・渡辺文雄・宇佐美淳也らが出演するほか、テレビ俳優・鳳八千代が入社第一回作品として起用された。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
佐田啓二萩崎竜雄
鳳八千代上崎絵津子
高野真二田村満吉
朝丘雪路永井章子
織田政雄関野徳一郎
宇佐美淳也舟坂英明
宇佐美淳也山崎事務長
渡辺文雄山本一夫(黒池健吉)
西村晃瀬川弁護士
多々良純田丸利市
山路義人岩尾輝輔(代議士)
山路義人岩尾輝次(病院長)
三谷幸子梅井淳子
左卜全加藤大六郎
三津田健昭和電業社長
永井智雄 (Tomoo Nagai)加賀専務
十朱久雄 (Hisao Toake)常務
小林十九二伊勢通信員・青山
富田仲次郎里村捜査一課長
紫千代正美(レッドムーン女給)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック