009 RE:CYBORG

サイボーグ009が聞いた“彼の声”とは何か…

上映スケジュールはコチラ!
009 RE:CYBORG
009 RE:CYBORG
009 RE:CYBORG

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

009 RE:CYBORG

2013年、世界で超高層ビルを狙った爆破テロが多発していた。その頃、六本木に暮らす高校生の島村ジョーも、自爆テロを計画していた。しかしその決行の日、サイボーグ003と005が現れ、ジョーは自分がギルモア博士によって作られたサイボーグ戦士・009だったことを思い出す。009は博士に脳を操作され、サイボーグだった記憶を無くしていたのだ。009たちは博士の研究所に戻り、世界で多発している超高層ビル爆破テロの真相を調べ始める…。


解説

石ノ森章太郎原作の名作SF漫画「サイボーグ009」が『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『東のエデン』の神山健治監督の手でリ・アニメーションされた。フル3DCGでありながら、セルアニメ形式で仕上げられ、まったく新しい映像を見せてくれる。サイボーグ戦士たちのキャラクターも原作の雰囲気とは違う、リアルで肉感的なキャラクターに生まれ変わっている。とはいえ、ストーリーは原作の世界観とリンクしており、人工的に作られたサイボーグである彼らが、現代の世界情勢の中で「神とは何か」という難しい問いに挑む内容になっている。サイボーグたちの能力について、作中でははっきりとした説明はないので、事前に予習しておくとより楽しめるだろう。


配給Production I.G、ティ・ジョイ
制作国日本 (2012)
ジャンルアニメーション 
公式サイト公式サイトはこちら

2012年10月27日より新宿バルト9ほか全国にて



スタッフ

監督
演出
アニメーションディレクター
脚本
原作
プロデューサー
制作プロデューサー
製作プロデューサー
絵コンテ/ストーリーボード
キャラクター・デザイン
撮影監督
美術監督
美術設定
音楽
ラインディレクター
リードアニメーター
色彩設計/色指定
サウンドデザイナー
出演(声)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック