ひばり・チエミ・いづみのロマンス娘

ひばり、チエミ、いづみのトリオ第二弾

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

寿司屋のルミ子、牛乳屋のエリ子、花屋のミチルの三人は大の仲良し。ルミ子の町がお祭りの日、エリ子達はボーイフレンドの中原と山崎を誘いルミ子の家に出かけ、夏休みは五人で自転車旅行をしようと計画。テニスのコーチャー久保田の叔父が会長をしているデパートで、ルミ子とミチルは玩具売場、エリ子は荒物雑貨売場で働き旅行の費用を稼ごうと懸命である。熱心な三人は新聞の「もの申す」欄でお客の応待を賞められたことから会長さんの邸で御馳走になる。年頃になっても男友達のないルミ子は久保田さんにひそかな想いを抱き始める。


解説

「ジャンケン娘」に引続いて、ひばり、チエミ、いづみのトリオが顔を揃えた第二弾。歌って笑わすイーストマンカラーの明朗ミュージカル。平凡所載の井手俊郎の原作を井手俊郎と「警視庁物語 魔の最終列車」の長谷川公之が共同で脚色し、「大暴れチャッチャ娘」の杉江敏男が監督、同じく完倉泰一が撮影を担当した。主な出演者は「宝島遠征」の美空ひばり、「大暴れチャッチャ娘」の江利チエミ「お嬢さん登場」の雪村いづみ、「花嫁募集中」の森繁久彌、「新婚第一課」の江原達怡、「チエミの婦人靴」の井上大助、「怨霊佐倉大騒動」の花井蘭子、「恐怖の逃亡」の宝田明、ほかに藤原釜足、清川玉枝、小杉義男、小川虎之助、三好栄子、飯田蝶子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1956)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)ルミ子
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)父芳造
清川玉枝母しの
江利チエミ (Chiemi_Eri)エリ子
小杉義男父清二
三田照子母かよ
雪村いづみミチル
花井蘭子母妙子
森繁久彌 (Hisaya Morisige)森下
宝田明 (Akira Takarada)久保田
小川虎之助川村会長
三好栄子婆や
江原達怡中原
井上大助山崎
松山なつ子ユキ子
村上冬樹 (Fuyuki Murakami)デパートの部長
瀬良明デパートの課長
桜井巨郎新聞記者
飯田蝶子デパートの老婆
塩沢ときエリ子の店で買物する女
音羽久米子ミチルの母に縁談をもちこむ女
佐田豊宝塚劇場の中年男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック