台所太平記

豊田四郎が監督した文芸もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

作家の千倉磊吉の家は京都にあった。この京都から伊豆山に移り住んだが、その間、何人ものお手伝さんが変った。これはそのお手伝さんの行状記である。初は戦前派の典型的な女中だった。半農半漁の貧しい家に生まれ、千倉家に来た。初の青春はこの家ですぎてしまい、結婚の経験もなかった。磊吉夫婦の世話で薬局の主人花村と見合いをしたが、初の姉の口ききで結婚してしまい、磊吉夫婦を失望させた。梅は初と同郷の酒好きで朗らかな性格だった。そして漁師である初の弟安吉と結ばれ千倉家を去って行った。


解説

谷崎潤一郎原作を「憂愁平野」の八住利雄が脚色、同じく豊田四郎が監督した文芸もの。撮影は「喜劇 とんかつ一代」の岡騎宏三。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
森繁久彌 (Hisaya Morisige)千合磊吉
淡島千景 (Chikage Awashima)千合讃子
森光子 (Mori Mitsuko)
乙羽信子 (Otowa Nobuko)
京塚昌子
淡路恵子 (Awaji Keiko)小夜
二代目水谷八重子 (Yaeko Mizutani)
団令子百合
大空真弓
池内淳子 (Ikeuchi Junko)
中尾ミエ万里
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)園田光雄
飯田蝶子光雄の母
西村晃新田
若宮忠三郎小島医師
萬代峰子
都家かつ江本山看護婦長
松村達雄樫村
山茶花究花村薬局
三木のり平長谷川清造
フランキー堺 (Franky Sakai)安吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック