螢火

織田作之助作の「蛍」の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

伏見の船宿「寺田屋」の女将登勢は、甲斐性なしの夫伊助を助けて店を切りまわすしっかり者だった。伊助の継母お定は、実の娘お椙がならず者の五十吉と通じ、お光をのこして駈落してしまったので、仕方なく伊助に寺田屋をゆずった関係から、嫁の登勢につらく当った。彼女はその中で夫をたすけ、貧しい子のお良を引きとり、お光には実の母のように対して、登勢の死後は一そう店の中心となって働いた。伊助は京都にお民という妾を囲い、足繁く通っている。時代は次第に勤王佐幕の、ぶっそうな世の中と変って行った。


解説

脚色は「負ケラレマセン勝ツマデハ」の八住利雄、監督は「挽歌(1957)」の五所平之助、撮影は「海の野郎ども」の宮島義勇が担当。主演は「負ケラレマセン勝ツマデハ」の淡島千景、伴淳三郎、「侍ニッポン」の森美樹、「新婚七つの楽しみ」の若尾文子。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
淡島千景 (Chikage Awashima)登勢
伴淳三郎伊助
森美樹坂本竜馬
若尾文子 (Wakao Ayako)お良
三好栄子お定
水原真知子
須賀不二男五十吉
福田公子お貝
沢村貞子おとみ
石井トミコおまつ
尾上菊太郎巳之吉
近森美子お京
初音礼子おこと
三島雅夫「小六」のおやじ
三井弘次商人源吉
東野英治郎 (Eijiro Tono)医者玄以
佐竹明夫有馬新七
中村是好門付の老爺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック