阿修羅三剣士

藤島一虎原作を映画化した剣豪時代活劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

徳川三代将軍家光の治世朝廷内部に圧迫を加え、勢力拡大を計る幕府は、その計画を邪魔立てする強硬派の公卿を除かんとして策をめぐらしていた。そんなある日、松平伊豆守の許に、三条美広卿が所司代を非難する帝の御親筆を携え、御用商人大丸屋嘉平と京を発ったとの知らせが届いた。嘉平と娘雪乃の一行は途中幕府配下の蝙蝠組の武士達に襲われた。だが一行の中に実広の姿はない。そこに通り掛った新陰流の達人関口弥太郎は父娘の難を救うが、祖父からもらった紹介状を落し、伊豆守の諜者お甲に拾われた。嘉平親娘を守って江戸に着いた弥太郎は大久保彦左衛門の邸を訪れた折始めて手紙の紛失に気付く。


解説

デューマの“三銃士”に似た構成を持つ、読切倶楽部掲載の藤島一虎原作を新人喜多川喜久雄が脚色した剣豪時代活劇。監督は「恋すがた狐御殿」の中川信夫、撮影は「検事とその妹」の山中普、主な出演者は「銀蛇の岩屋 (前後篇)」の小笠原弘が竜三郎と改名、時代劇転向第一回出演する他、草間長十郎、中村叉三郎、「銀蛇の岩屋 (前後篇)」の新人杉山弘太郎の新鋭に加えて、「四谷怪談(1956)」の筑紫あけみ、「怨霊佐倉大騒動」の宇治みさ子、「ノイローゼ兄さんガッチリ娘」の阿部寿美子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1956)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
小笠原竜三郎関口弥太郎
草間長十郎柳生又十郎
中村又三郎伊藤典膳
宇治みさ子雪乃
阿部寿美子お甲
筑紫あけみ綾子の方
若柳敏三郎三条実広
左卜全大久保彦左衛門
高田稔松平伊豆守信綱
築地博笹尾喜内
広瀬康治田毎平馬
御木本伸介一心太助
杉山弘太郎将軍家光
武村新公卿甲
遠藤辰雄公卿乙
岡竜弘公卿丙
林寛大丸屋嘉平
山川朔太郎壷屋宗兵衛
浜野桂子侍女楓
田熊節子侍女萩野
西一樹虚無僧
大谷友彦星合団四郎
高松政雄道島五郎兵衛
小倉繁鳴島甚兵衛
秋山要之助戸田新九郎
小森敏山田真竜軒
高橋一郎小林平九郎
宇田勝哉宇田近四郎
沢井一郎俵田玄馬
高村洋三清水三角
小浜幸夫浜田郡兵衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック